ビンのごみの分別法について

rapture_20131023202939

家庭からよくでるごみに、「ビン」があります。

ビンを分別するときに、「燃えないごみなのか?それとも、資源ごみに出すべきか?」と悩むことがあるかもしれません。

しかし、ビンを分別するときは、原則、「資源ごみ」として出すようにします。

そして、ビンを出すときに注意する点は、「軽く水洗いをしてから出す」ようにすることです。

回収された後のビンは、色ごとに区分され、洗浄・粉砕の後、再びリサイクルすることができるものです。

そのため、燃えないゴミにまぜてしまわず、リサイクルするものと考えるようにしてください。

このときに、ビンについているラベルのビニール・紙などは、できるだけ取り外してから出すようにしてください。

また、同じビンでも資源物として出すことができないビンがあります。

市区町村により異なる判断があるかもしれませんが、基本的には、「化粧品」「医薬品」の入っていたビンは「燃えないごみ」として収集所に出します

自分で分別の判断をするのが難しいと感じるかもしれませんが、「洗浄することができないもの・しにくいもの」は、燃えないゴミになる、と覚えておくと良いでしょう。

また、ガラスとビンは違うものですので間違えないように注意してください。

カレンダー

2017年8月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

free space