缶のごみの分別法について

rapture_20131023202857

ビンのごみと同じように、家庭から「缶」のごみが多く出ます。

缶のごみには、お茶の缶やジュースやビールの空き缶、缶詰の缶や粉ミルクの入っていた缶があります。

これらのごみは、基本的に、「資源物のごみ」として、収集所に出すようにしてください。

このときに、缶の中が汚れている場合は、軽く水ですすぎ、乾燥させてから出すようにします。

また、缶詰やサラダ油の入っていた空き缶は、そのまま「燃えないごみ」として出すようにします。

これは、ビンのごみを分別するときと同じ理由ですが、収集された缶は洗浄され、再利用されることになります。

そのときに、洗浄するときの環境の負荷の大きさ・費用の大きさと、再利用できることのメリットの大きさを考えます。

サラダ油が入っていた缶は、きれいに洗浄しようとすると、大量の水を使うことになり、かえって環境に良くない結果となってしまうからです。

サラダ油の缶にリサイクルのマークが付いている場合でも、燃えないごみに分別して出すようにするのが基本です。

もし、分別の基準が分からないような場合は、お住まいの市区町村に電話で確認してみることもできます。

市区町村のホームページを確認し、判断できないときは、直接、市区町村に確認してください。

カレンダー

2017年6月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

free space