洗剤やシャンプー容器は、燃えるごみに分別

rapture_20131023201630

洗剤やシャンプーなどの入っていた容器は、基本的には、「燃えるごみ」に分別して出すようにします。

注意するべき点は、容器に「プラマーク」が付いていることで、
「リサイクルできるのではないか?」
と判断してしまうことです。

プラスチック容器をリサイクルする場合は、容器を細かく裁断し、洗浄して再利用されます。

しかし、洗剤やシャンプーの入っていた容器については、洗浄に大量の水を要してしまったり、きれいに洗浄しきれない、という問題が生じます。

そのため、通常は、資源ごみやプラスチックごみに分別するのではなく、燃えるごみに出すように指示している自治体が多いと思われます。

また、使い終わった洗剤やシャンプーの容器を再利用するため、詰め替え用の洗剤・シャンプーなども販売されています。

できるだけごみの量を少なくするため、詰め替え用の洗剤などを購入するようにする工夫も必要になります。

家庭から出るごみの量を減らすことは、それだけ、自治体の財政的な負担を減らすことにつながります。

家庭から出されたごみの排出量に比例して、焼却処理のための燃料が必用になります。

正しくごみを分別することと、ごみを出さないようにする工夫も考えてみるようにしてください。

カレンダー

2017年8月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

free space