ゴミの分別による3Rとは?

rapture_20131023201111

ごみを正しく分別することで、資源のリサイクルも進むようになります。

リサイクルに関する基本的な用語に「リサイクル3R」という言葉があります。

リサイクル3Rは、
・リデュース(REDUCE)
・リユース(REUSE)
・リサイクル(RECYCLE)
を意味しています。

ここで、リデュース(REDUCE)というのは、企業が製品を作るにあたり、製品が廃棄されるときのごみの量を最小限に抑えるようにすることを意味します。

また、リユース(REUSE)は、使い終わった製品についても、なるべくゴミとしてしまわず、別の用途に使用するように心がけることをいいます。

たとえば、使用済みの衣類を捨ててしまうのではなく、雑巾やウエスとして使用できるものは使用しましょう、という考え方のことです。

最後にリサイクル(RECYCLE)は、使用済みの製品を再び資源に戻し、他の製品を作るための資源として再活用しましょう、という考え方になります。

ごみの分別が重要であるのは、この3Rのうちの「リサイクル(RECYCLE)」を推進しやすくするためです。

市区町村で指定されたとおりのごみの分別をすることで、使い終わった製品を再活用することができるようになるのです。

カレンダー

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

free space