バイクなどの機械類や塗料などのゴミ分別について

rapture_20131023205437

自治体のごみ収集に分別することができないものに、原付などの二輪車があります。

二輪車を廃棄したいと考える場合は、購入したバイク販売店、あるいは、公益社団法人自動車リサイクル促進センターが提供する「二輪車リサイクルコールセンター、03-3598-8075(9:30~17:00/土・日・祝日・年末年始を除く)に問い合わせるようにしてください。

二輪車を燃えないごみ、あるいは粗大ごみに分別できないのは、リサイクルできる部品が多くあること、油脂類などの有害な物質が含まれていること、などが理由になります。

そして、原付やオートバイだけでなく、
・電動アシストサイクル
・サイドカー
・ATV(バギー車)
・電動キックボード
・ミニカー
なども対象となります。

二輪車と同じ扱いとなるかどうかは、「バッテリー」が付いているかどうかで判断することができます。

電動アシストサイクルなど、充電可能なバッテリーが付いているものについては、購入したお店に相談するか、あるいは、二輪車リサイクルコールセンターで確認する必要があります。

指定された処分方法を守ることで、リサイクルできる部分が多くなるものです。

廃棄する場合は、責任をもってしなければなりません。

カレンダー

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

free space