消火器のごみの分別について

rapture_20131023205643

家庭で使用している消火器を廃棄する場合は、自治体のごみ収集場所に出すことはできません。
消火器は、特殊な高圧ガスが充填されていますので、市区町村のごみ処理施設では、処理ができないものとなります。

消火器を廃棄する必要がある場合は、環境大臣の認定を受けている業者がリサイクルを行っていますので、そこに問い合わせをする必要があります。

市区町村によって紹介される業者が異なりますが、西濃運輸やヤマト運輸などの運送会社の関連会社でリサイクルしてくれることが多くなります。

消火器ごみのリサイクルの流れは、通常、
(1)回収の申込み
(2)ゆうパック伝票などが代引にて到着(料金支払)
(3)受け取った伝票で消火器を発送
(4)再資源化の拠点へ
という流れになります。

消火器ごみのリサイクルに必要な料金は、通常2000円~2500円であると思われます。

発送にかかる費用などが発生しますが、正しい処理方法で、リサイクルする必要があります。

なお、消火器本体に錆が発生している場合や、ゴムホースにひび割れがある場合は、老朽により使用することができなくなっています。

そのような老朽化した消火器は、非常に危険なものとなりますので、リサイクル業者に事前に相談するようにしてください。

カレンダー

2017年6月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

free space